Share

Ansel & Elliott・Analog Cafe 写真愛好家のカフェ【BTS サパンクワイ】

Share

Sponsored Links



アメリカの写真家からつけられたカフェの名前

bangkok-cafe-saphankwai

芸術、特に写真に興味関心のある人が訪れたいカフェを紹介します。
ここAnsel & Elliott Analog Cafeのオーナーは、写真家の影響を強く受け、ここを立ち上げられたとのこと。

bangkok-cafe-saphankwai

bangkok-cafe-saphankwai

店のコンセプトは、カフェの名前からもはっきりしています。写真家のアンセル・アダムスとエリオット・ポーターの二人の名前から、「アンセル&エリオット(Ansel & Elliott)」とカフェの名前を決めたそうです。そのため、店内にはカメラに関連する小物が多く飾られ、また写真集も置いてあります。2人の写真家が白黒写真を撮るためか、店内も白と黒で統一されている印象を受けました。

bangkok-cafe-saphankwai

bangkok-cafe-saphankwai

注文したのはホットラテ。つい写真を撮りたくなるようなきれいなラテアートです。このミルクとコーヒーの柔らかい味が最高です。

bangkok-cafe-saphankwai

ドリップコーヒーもあります。いくつかのコーヒー豆の中から、バリスタのきゅうりのような香りと酸味があると説明を受けた豆を選びました。それほど苦くなく、すいすい飲めます。

bangkok-cafe-saphankwai

それから隣のテーブルの人が食べていたブラウニーが美味しそうで、これも注文。甘さ控えめで良かったです。ここに来た際にはコーヒーとあわせて試してみて下さい。

bangkok-cafe-saphankwai

パソコンを広げて少し仕事を…っていう方にも良い環境です。クーラーの効いた涼しい部屋とストレスないWifiがあります。テーブルの数はそれほど多くなく、この長いテーブルが一番大きいです。店内で飲む人に限らず、テイクアウトしていく人も多くいました。

bangkok-cafe-saphankwai

フレンドリーなバリスタで、色々と話を伺うことができました。また是非行きたいカフェの1つです。

How to go?

BTSのSaphankwai(サパンクワイ)駅の2番出口を出て、Ari(アーリー)の方へ500メートル位歩き、Soi Sutthisanにあります。営業時間は9:00〜20:00です。

↓この記事をタイ語で読む

Ansel & Elliott・Analog Cafe 写真愛好家のカフェ【BTS サパンクワイ】
アメリカの写真家からつけられたカフェの名前 芸術、特に写真に興味関心のある人が訪れたいカフェを紹介します。 ここAnsel & Elliott Analog C...

Sponsored Links





Follow us