Share

Eureka Coffee Tap バンコクのモダンなカフェ【BTS チョンノンシー】

Share

カフェ バンコク
Sponsored Links



窒素×コーヒー 
ここだけのメニューも多数

「Eureka Coffee Tap」はバンコクで勢いのあるカフェの1つで、今回訪れたサトーンの支店に加え、最近オープンしたアイコンサイアム内にもお店を構えられています。人気の秘訣は創造的なメニュー。タイの伝統的な食材とコラボレーションしたコーヒーメニューがあります。例えば、ドリアンとかカイケムをコーヒーと合わせています。

カフェ バンコク

BTSチョンノンシー駅の4番出口をでると、タップが並ぶカフェがすぐにみつかります。店内はそれほど大きくなく、縦長で通路はやや狭めです。天井は日光と緑を取り入れられるガラス張りとなっています。

カフェ バンコク

店員さんおすすめのメニューが「Salt Egg Latte」/140バーツということで、これを注文。正直、今までに聞いたことのないメニューであることと、またしょっぱい卵がラテの上にのっているということで想像ができませんでした。ですが、実際試してみると、そこまで塩辛さはなく、意外にいけるな、といった感じでした。

カフェ バンコク

フォームは極めが細かく、写真を撮るのに時間がかかってしまっても残っています。

カフェ バンコク

そしてタップからのコーヒー、ニトロコーヒー(窒素コーヒー)も。
サイズは小さめですが、これがたったの100バーツ。

カフェ バンコク

そしてデザート系ドリンクでは「抹茶バイトゥーイラテ」を注文。
タイのバイトゥーイと日本の抹茶をミックスした独創的なメニューです。竹をイメージされたと思われるグラスで、日本を連想されます。
※バイトゥーイは、タイのハーブから作られたもので、タイデザートに多く使われています。緑色に着色することができ、独特な香りがあります。

カフェ バンコク

串にささった白いものは餅ではなく、ココナッツでつくられたもので、もちもちとした食感。この甘さにピッタリ合います。

他に食事メニューも豊富で、スパゲッティを中心とした料理が提供されます。

How to go?

場所はBTS チョンノンシー駅の4番出口のすぐ近くです。
他にもシーロム(Saladaeng Soi 1)とアイコンサイアムにもあります。

Sponsored Links





Follow us