Share

夏のヨーロッパ6日間、ベルリン・ポズナン・ワルシャワ【ポーランド・ドイツ】

Share

Sponsored Links



ドイツ&ポーランド 2カ国3都市の旅

約1週間でドイツとポーランドを旅行してきました。
ヨーロッパということで難しいこともなく、簡単に2カ国を楽しめました。
少し長めの休みがあれば行き先として有りだと思います。
では、まとめていきます。

今回の旅程

まずは旅程から。各都市にこれだけ滞在しました。

・ドイツ・ベルリン計2日
・ポーランド・ポズナン計3日
・ポーランド・ワルシャワ計1日

各都市を行ったり来たりしての旅行でした。それなので、初日から順にではなく、各都市毎にまとめます。
ドイツ、ポーランド間、ポズナン、ワルシャワ間の移動は全て鉄道です。

宿泊したホテル

Jugendgastehaus Hauptbahnhof

※Agodaからの予約は出来ませんでした。

中央駅から歩いて行ける距離にあります。スタッフがフレンドリーで頼りになります。
チェックイン前、チェックアウト後も荷物を預かってもらえます。
大きな食堂があり、昼間から多くの人で賑わっていました。
WiFiもありますが、部屋によっては繋がりにくいです。スピードはまあまあ。

Traffic Hotel

駅から近く、また旧市街へも歩いて行ける良い場所にあります。
部屋はきれいでWiFiも飛んでいます(宿泊時はなぜか繋がりませんでした)。
朝食付きにするのも有りだと思います。シリアルやパンケーキなどがあります。

Centre Apartamenty Warszawa

アゴダ内の地図の位置が間違っているので要注意。
Google Mapの検索結果の方が正しいです。また、ホテルではなくアパートのため、チェックインをするのにオーナーに電話する必要があります。電話の必要があるため、現地SIMカードを取得していない方にはおすすめできません。
部屋はそれほどきれいではありませんが、一般的なアパートの作りであるため広く、洗濯機や冷蔵庫、キッチンもあるので、長期滞在もできます。
WiFiもありますが、繋がりませんでした。

ドイツ・ベルリン

ドイツの首都であり、第二次世界大戦前後の歴史的な遺産が多く残る街。
空港からベルリン中央駅(Berlin Hauptbahnhof)までは、TXLのバス(2.8ユーロ)で大凡20分程です。
ベルリン中央駅は、かなり大きく、プラットフォームの他、スーパーやレストランなどが入っています。フリーWiFi、コインロッカーもあるため便利です。※コインロッカーは使用する人が多く、空いていないこともあります。

berlin-central station

宿泊したホテル「Jugendgastehaus Hauptbahnhof」のスタッフから有名な場所を教えてもらい、地図を片手に出発。話ではベルリンの有名な場所は大体徒歩で回れるとのことで、徒歩で回っていきます。

まずは、ベルリンの壁。

berlin-wall

第二次世界大戦後、ドイツは東西に分断され、1961年の壁建設から1989年の壁崩壊まで東西間の移動が許されなかったそうです。現在も壁の一部が残っており、各国からの旅行者が毎日訪れています。壁自体はそれほど高いものとは感じませんが、当時は壁の前に見張りがいたり、有刺鉄線が張り巡らされたりしていました。

続いて、ポツダム広場方面へ移動します。中央駅からポツダム広場へ向かっていくと、それまでに2箇所見どころがあります。

最初にみつかるのが、ドイツ連邦議会議事堂(Reichstag Building/Reichstagsgebäude)。中にも入れるそうですが、時間がないので写真を撮って次へ。

berlin

少し歩くと、ブランデンブルク門(Brandenburg Gate/Brandenburger Tor)に到着します。
ベルリンのシンボルとなっており、歴史的にみても、ナポレオン戦争、ナチスの象徴、東西分断・統一と歴史の大きな出来事の舞台となっているそうです。

berlin

そして最終目的地のポツダム広場(Potsdamer Platz)。
ここにもベルリンの壁が残っています。近くにはとても大きな建物、ソニーセンターもあるので、あわせて見ておくと良いと思います。レストランも多くあるので、中央駅に戻る前にお昼、夕飯をここで食べるのが良さそうです。

berlin



ポーランド・ポズナン

berlin

ベルリンからポズナンまでは電車で約34時間、3040ユーロでした。
チケットはインターネットで予約し、印刷したチケットを持って乗車しました。プラットフォームに入る前と乗車前にもチケットを見せるようなことはありませんでした。電車が来たら自分の席番号を見つけて座るだけ。途中、車掌さんがチケットの確認に来るのでその時にチケットとパスポートを見せるだけです。

チケットを予約したのは以下のサイトです。

https://www.bahn.com/en/view/index.shtml

ポズナンはポーランドの最古の都市の一つで、古くからの建物が多く残っており、またそれらが非常にかわいいデザインです。
特に有名なのが旧市街広場で、ポズナン中央駅からもそれほど離れていません。宿泊したのが中央駅の東側に位置し、そこから1キロ程で旧市街に着きます。

poznan

ポズナンのハイライトとなる旧市街広場には、カラフルな建物が立ち並び、広場にはレストランが多くあります。昼間から夜にかけて多くの人が食事を取ります。ポーランドのドラフトビールも飲め、昼間は夏の日差しの下、それから夕方には心地よい気候で楽しめます。

poznan

poznan

そして、ポズナン旧市庁舎。これもまたきれいな建物です(右奥の建物)。

poznan

それから、旧市街から少し離れたところにはマルタ湖がります。

poznan

ボート世界選手権の開催地。ボート競技が盛んなヨーロッパの国を中心にアフリカ、南米の国々の選手が集まります。アジアからは日本、香港、中国が確認できました。

poznan-world-rowing-u23

poznan-world-rowing-u23

ポーランド・ワルシャワ

ワルシャワにはポズナンから電車で約4時間、約55ズロチ(約13ユーロ)。
夕方にポズナンを出たため、夜にワルシャワに到着しました。アゴダで予約したCentre Apartamenty Warszawaへ。先に「宿泊したホテル」で書いたとおり少しトラブルも有りましたがチェックイン完了。

次の日の朝8時から街歩きスタート。早すぎるのかカフェ含め多くのお店は閉まっています。

中央駅周辺は見るところがなさそうなので、旧市街広場、旧王宮方面へ歩いていきます。
旧市街に辿り着くまでにいくつか見どころがあります。
まず、コペルニクス像とそのすぐ近くのポーランド科学アカデミー。

warsaw

それからショパン博物館。

warsaw

ワルシャワ大学も通り過ぎています。

warsaw

おすすめのカフェもあります。
それがVincent Cafe。ここのラップがとても美味しい。
チーズと野菜たっぷりで、ドレッシング不要です。

warsaw

warsaw

ポーランドのきれいな町並みを見ながらのカプチーノも最高。

warsaw

ここからもう少し歩くと旧市街に着きます。
旧市街はユネスコ世界遺産に登録され、見逃せない場所です。

warsaw

旧市街の町並みはそれまでのもと少し異なり、ポズナンでみたもののようにカラフルです。
王宮広場の右手には王宮があります。

warsaw

更に奥にいくと旧市街広場。ここに人魚の像があります。

warsaw

warsaw

旧王宮の周りはレンガの城壁で囲まれています。

warsaw

ポーランドはドイツ比較し物価が安めでした。食べ物はよりヘルシーでビールも美味しいです。ワルシャワにはいたるところにクラフトビールのお店があります。ドイツのビールもスーパーで簡単に手に入ります。SIMカードに関して言えば、5ズロチで6ギガ、6日間有効が使えるため、SIMフリー携帯を持っているのであれば、到着次第、購入することをおすすめします。そうすれば地図アプリも使えるので旅行がずっと楽になります。

Sponsored Links





Follow us