Share

ラマ3の庭のあるカフェ「The Hookrajong Cafe」【BTS チョンノンシー】

Share

cameteria-bts-chongnonsi

Sponsored Links



バンコクの騒音から離れて一杯

場所はラマ3。最寄りのBRTのWat Dan(วัดด่าน)駅から徒歩10分程でついたThe Hookrajong Cafeは、人通りの少ない街の中にありました。カフェは2階建てで1階席と2階席、それから前庭にもいくつかテーブルがあります。少し離れたところに倉庫サイズの部屋もあり、ここはワークショップやちょっとしたミーティングにも使えるそうです。もちろんエアコン付きでしたので、いつものオフィスとは違った場所でのミーティングにも使うのも良さそうです。カフェ周辺は人が少ないものの、中は人でいっぱい。店内の1階と2階は席は空いておらず、庭のテーブルしか選択肢はありませんでした。最後まで空かなかった2階席から撮る写真は良さそうな感じがしていて、折角のチャンスがもったいなかったなぁと後悔…。

cameteria-bts-chongnonsi

一般的なコーヒー関連のメニューとケーキがいくつかあります。おなじみのカフェラテとオータムコーヒー(タイティーをアイス状にしたもの上にエスプレッソとミルクをかけるもの)を注文。後者は初めて飲むもので、かわいらしい写真に惹かれました。

このオータムコーヒーは、タイティーアイスに自分でエスプレッソとミルクをかけることができ、その様子を写真に収めました。

cameteria-bts-chongnonsi

cameteria-bts-chongnonsi

しかし、ここでミス。ミルクから入れてしまったためタイティーアイスは十分に溶けず、後から入れたエスプレッソでは溶かしきれませんでした。皆さんはエスプレッソを入れてキャラメルを溶かした後、ミルクを入れてくださいね。笑

女の子に喜ばれそうなルックスと甘い味です。甘いのが苦手な私には少々厳しかったですが、普段から甘めのコーヒーを飲まれている方にはバッチリだと思います。

cameteria-bts-chongnonsi

特徴的な前庭は、常にタイ人のお客さんが写真を撮っていました。バンコクの騒音から離れて、ちょっと木陰で飲むコーヒーも良かったです。外は大型の扇風機が置いてあるのでそこまで暑くはありませんが、長時間は難しいそうです。
因みに商用での写真撮影も出来るそうですが、これは別途、場所使用料が発生するようです。

cameteria-bts-chongnonsi

How to go?

BTSですとチョンノンシー(Chong Nonsi)駅が最寄りです。そこからBRTを使ってアクセスする方法があります。何かとCMやMVの撮影で使われるスカイウォークを歩いてBRTサトーン(Sathorn)駅へ。ここが始発のため、初めての方も間違えることはないでしょう。ここから5駅のワットダン(Wat Dan)で下車して、BRTでSathorn方面に戻る方向に10分程歩くと着きます。途中で左折するところがあるので、詳しくは下のGoogle Mapを見て下さい。

余談ですが、BRTは一般道路の専用レーンを走るバスのことで、一度廃止という話がありながら、廃止が撤回され現在も運行中です。以前は一律5バーツであったこともありましたが、現在は15バーツに値上げをしています。赤字が続いていたようです。そもそも渋滞緩和(渋滞の影響を受けない交通手段)として始まったBRTですが、実情は専用レーンにも一般車両が走っている、結局交差点では一般車両と同じように停止時間があることから、BTSやMRTのように時間が読めないところが欠点に感じていました。とは言え、ラマ3周辺に住んでいる方には非常に重要な交通手段であることは間違いないので、今回の運行続行は良いニュースです。

タイ語でこの記事を読む↓

ラマ3の庭のあるカフェ「The Hookrajong Cafe」【BTS チョンノンシー】
バンコクの騒音から離れて一杯 場所はラマ3。最寄りのBRTのWat Dan(วัดด่าน)駅から徒歩10分程でついたThe Hookrajong Cafeは、人通りの少ない...

Sponsored Links





Follow us